会社沿革

TOP > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

1973年7月 タイル及び人造石の工事店セーコータイルを神戸市西区に創業
1980年11月 タイル卸及び関連資材の販売を加えて業容拡大
三井鉱山株式会社特約店取引開始
1984年6月 資本金300万円で法人設立
社名を山陽タイル販売株式会社とする
1990年3月 三木事業所を開設 敷地1,100坪 倉庫及び事務所150坪
1991年4月 TOTO株式会社特約店取引開始
1993年1月 山陽タイル販売株式会社 資本金1,200万円に増資
1995年1月 神戸淡路大震災により神戸市西区の本社の損害甚大により三木事業所に集約
1996年10月 工事部門が独立、社名を山陽興産株式会社とする
資本金1,000万円
1999年1月 住宅外装タイルの提案営業を本格化 初年度受注額4,100万円
2004年 2004年度連結売り上げ10億円超える
2004年6月 山陽タイル販売株式会社 資本金4,200万円に増資
2005年7月 山陽興産株式会社 資本金2,000万円に増資
2006年 2006年度連結売り上げ20億円超える
2010年 山陽タイル販売株式会社と山陽興産株式会社を業務合理化の為合併
2011年 藤田 雅哉が代表取締役に就任
前任 藤田 彰は取締役会長に就任
2011年 農業が工業化し安定した夢のある産業になると予想し社内ベンチャー、農業事業部を設立
2012年 3ヘクタールにて米作り開始
酒米山田錦の生産及び集荷販売を模索
2013年 地域貢献の必要性からライスセンター、精米工場を建設。乾燥受入れ
食用米7ヘクタール、山田錦3ヘクタールを生産
2014年5月 社名を山陽Amnak株式会社とする
2014年9月 リフォーム事業部設立
2014年9月 内閣府へ養父市国家戦略特区事業申し出
2015年 リフォーム事業部各ハウスメーカーより順調に仕事を受注し部門売り上げ1億円を超える
2015年 うるち米・山田錦作付け面積30haに拡大。野菜に進出。キャベツ1.5ha・玉ねぎ1.5ha作付け
2015年 内閣府指定の養父市特区に於て特定事業者の認定を受ける
食用米15ヘクタール、山田錦12ヘクタール、キャベツ1ヘクタールを生産。販路も確立
ライスセンター100ヘクタール乾燥受入れを達成
2015年10月 養父市能座において「株式会社Amnak」設立
会社案内
会社案内
会社沿革
資料請求・お問い合せ
山陽ほまれ公式サイト 山陽ほまれ通販サイトでは「ヒノヒカリ」「キヌヒカリ」「コシヒカリ」と言ったブランド米が購入できます。
5kg単位から個人宅に配送させていただきます。
ほまれ酒 農業特区の認定を受けた養父市能座で作ったお米を、元禄3年の創業此の友酒造で美味しいお酒に仕上げました。

このページの先頭へ